お葬儀のお手伝いをしている関西葬祭センターの葬儀の検視

サイトマップ
事業概要 お問い合わせ

大阪まごころの葬儀ブログ

葬儀の検視

葬儀の検視について


葬儀で検視とは 単身世帯 又は同居であっても留守中であったりして
お亡くなりになっているのが 発見された時 救急車又は警察に連絡して 死亡確認状況を調べる検査です。


ご自宅において普段から医者に係っていなかったりして お亡くなりになると警察監察医が外傷の有無などを検視し死因を調べます。


そしてさらに詳しく調べる要素があれば 行政解剖・司法解剖となります。
そしてその検査を終え 初めて役所への書類が提出でき 葬儀 葬式 家族葬ができます。


尚 病院とかに係っていれば死亡診断書ですが、検視扱いは死体検案書と名称が変わります。


関西葬祭センターでは遠方でも 葬儀手続き一切 葬家代行をサービスで致します。


葬儀・家族葬に関することは 何なりとご相談下さい。

     

    

日時:2011年5月24日 09:21

大阪・奈良・京都の葬儀対応エリア

【大阪府・奈良県・京都府】 関西エリア: 大阪市、東大阪市、大東市、四條畷市、門真市、守口市、
吹田市、摂津市、寝屋川市、池田市八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、
羽曳野市、堺市、奈良市、生駒市、大和郡山市、天理市、香芝市平群町、
三郷町、斑鳩町、王寺町、河合町、上牧町、精華町、木津川市、 他