お葬儀のお手伝いをしている関西葬祭センターの葬儀 浄土真宗

サイトマップ
事業概要 お問い合わせ

大阪まごころの葬儀ブログ

葬儀 浄土真宗

葬儀・家族葬の浄土真宗について
葬儀 葬式 家族葬の浄土真宗の葬儀とは。


浄土真宗の葬儀には してはいけないきまりが 多々あります。
他宗の葬儀にもありますが ここでは浄土真宗についてのご説明です。


まず枕飾りに水、一膳飯、枕団子は不要です。もし供えられてもご飯の箸は立ててはいけません。 またこのお茶碗を出棺時、割ってもいけません。
屏風を逆さに立てたり、魔よけの守り刀も用いません。
ご納棺のときの末期の水もいりません。


仏衣は経帷子は用いますが、六文銭の入ったヅダ袋を首にかけ、手甲脚絆、草履、杖も用いません。 即往生で旅には出ないとされています。


次に一般的になって会葬返礼品にも同封されています 清めの塩ですが、これも用いません。 それに玄関の忌中札も。


それとご香典の表書きですが、通夜 葬儀共に関係なく、浄土真宗の葬儀では御霊前ではなく 御仏前となります。 霊という言葉は用いません。


それと前にもお書きしましたが、浄土真宗の葬儀での焼香回数ですが 額に頂かずに浄土真宗(お西)では1回、真宗(お東)では2回となります。


以上が浄土真宗の葬儀での教え でございます。


葬儀・家族葬に関するご不明なところは 何なりとご相談ください。


      

日時:2011年6月17日 16:58

大阪・奈良・京都の葬儀対応エリア

【大阪府・奈良県・京都府】 関西エリア: 大阪市、東大阪市、大東市、四條畷市、門真市、守口市、
吹田市、摂津市、寝屋川市、池田市八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、
羽曳野市、堺市、奈良市、生駒市、大和郡山市、天理市、香芝市平群町、
三郷町、斑鳩町、王寺町、河合町、上牧町、精華町、木津川市、 他