お葬儀のお手伝いをしている関西葬祭センターの葬儀・家族葬の仏衣

サイトマップ
事業概要 お問い合わせ

大阪まごころの葬儀ブログ

葬儀・家族葬の仏衣

葬儀・家族葬の仏衣について

葬儀・家族葬の仏衣とは、かって故人に着せる死装束は、故人とゆかりのある女性の手によって縫われ、僧や巡礼者の姿になぞらえ、白木綿に経文を記した明衣、浄衣とも言われる経帷子です。


経帷子を左前に着せ、手甲をつけ脚絆を巻いて、白足袋に草履を履かせ、六文銭を入れた頭陀袋を首にかけ、杖を手にし、という西方浄土に旅立つ施姿をとります。


浄土真宗では冥土の旅を否定しますので、こうした服装は本来不要です。
そして胸に組んだ両手には、数珠をかけます。


この頃では無宗教葬儀などもあり、この仏衣もいらないと言われる方もございます。


葬儀・家族葬のことなら何なりとご相談ください。


      

日時:2012年1月27日 10:00

大阪・奈良・京都の葬儀対応エリア

【大阪府・奈良県・京都府】 関西エリア: 大阪市、東大阪市、大東市、四條畷市、門真市、守口市、
吹田市、摂津市、寝屋川市、池田市八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、
羽曳野市、堺市、奈良市、生駒市、大和郡山市、天理市、香芝市平群町、
三郷町、斑鳩町、王寺町、河合町、上牧町、精華町、木津川市、 他