大阪で葬儀の実績が豊かな関西葬祭センターの情報を月別にまとめた2012年2月の記事

サイトマップ
事業概要 お問い合わせ

葬儀相談blog月別リスト

葬儀・家族葬の葬儀準備

葬儀・家族葬の葬儀準備について

葬儀・家族葬の葬儀準備は、お亡くなりになるとすぐに必要なものは、病院で頂く死亡診断書、三文判の朱肉のハンコと遺影写真に引き伸ばす写真です。


この頃はパソコンや携帯に取り込んでいる写真でもメールで送ったりもできます。
病院でお亡くなりになり、すぐにというのはむつかしいですが、時間をおいてご用意していただきます。


そして葬儀社のスタッフと、葬儀の打ち合わせ・お見積もりを行います。
内容は家族葬か一般葬か、会葬人数、式場、宗派確認、日時、祭壇規模、返礼品、お料理などがございます。


そのあとはお寺様への連絡や枕経のお願いなどがございます。


葬儀は余計な出費を抑えるためにも、
事前に見積もりを、されておくことをお勧めします。


葬儀・家族葬のことなら何なりとご相談ください。


     

葬儀・家族葬の供花

葬儀・家族葬の供花について

葬儀・家族葬の供花とは、葬儀において献上する祭壇の両横に親族一同などのお供えする生花のことです。供花類でも表に出すもので関東では花環、関西での樒などもそうです。


こういった供花類は本来は左右一対のものですが、片方だけの一基でもかまいません。
供花にお書きするお名前もおひとりでも何人様の連名でも差し支えございません。


また供花のお値段もいろいろとありますので、また皆様との調和も必要となってきます。


関西の樒でも、地域により本来大阪市・奈良市のように生の樒を挿した生樒、またある地域ではその板の部分のみの板樒、東大阪市や一部の市のようにボードに紙をつぎつぎと貼っていく紙樒などがございます。


ですが近頃は、葬儀会館での葬儀とか家族葬が主流になり表に出す樒類は、まったく見かけなくなりました。


葬儀・家族葬でも会館内での供花はお供えいただけます。供花の配列には配列順とか、多ければ順位不同となる場合もございます。


献上いただきました供花は最後のお別れの献花の儀でお柩の中に納めていただきます。


葬儀・家族葬のことなら何なりとご相談ください。


    

葬儀・家族葬の通夜

葬儀・家族葬の通夜について

葬儀・家族葬の通夜は、通常6時~7時の1時間程度を僧侶の読経と弔問者による焼香にあて、終了後弔問客に対して通夜ぶるまいの酒や食事を供し、1時間程度で順次散会し、後は遺族や身近な人だけで死者を見守る、というのが一般的です。


中には通夜の弔問者もいなくなっても、気のあった友人の人達で、夜遅くまで飲食を酌み交わし、祭壇の前で故人との話が尽きなかった、という葬家もおられました。


都会では、仕事の都合から昼間休んで葬儀に会葬するよりも、夜間の弔問が便利ということで、通夜の参列の方が翌日の葬儀告別式より多くなる傾向にあります。


葬儀・家族葬のことなら何なりとご相談ください。


     

葬儀・家族葬のエンバーミング

葬儀・家族葬のエンバーミング

葬儀・家族葬のエンバーミングとは、葬儀に際し施設において遺体を洗浄・消毒し防腐処置と、必要に応じて顔などの復元処置をし、最後に化粧を施します。


防腐処置は血管を使って行います。すぐに葬儀で火葬に付すのに防腐処置が必要かという疑問もありますが、遺族や遺体を取り扱う者が感染するのを防ぐため公衆衛生上、必要な処置でもあります。


腐敗や硬直もなく、葬儀で綺麗なお別れができることから、ご遺族の心理を和らげるのにプラスになっています。


海外へ遺体を送るときには、原則として遺体衛生保全処置を施します。


葬儀・家族葬のことなら何なりとご相談ください。


大阪 奈良 東大阪の葬儀・家族葬サポートの関西葬祭センター

葬儀・家族葬の遺体処置

葬儀・家族葬の遺体処置

葬儀・家族葬の遺体処置にはドライアイスを使用致します。
ドライアイスは、遺体の腐敗の進行を遅延させるために入れます。


ドライアイスは、皮膚に直接載せると皮膚が傷つくため、綿花などに包みます。
内臓の腐敗は早く、腐敗ガスを発生させますので胸から腹部が中心で、側頸部と下腹部にあてます。


ドライアイスは、ほとんど真下にしか効かないので、夏場や脳溢血のときなどは、量を増やして使用する必要があります。24時間で追加しますが夏場は多くなります。


柩にお納めする場合はきちんと綿花に包んでお顔の周りをきれいな見栄えになるように綿花で整えます。


葬儀・家族葬のことなら何なりとご相談ください。


     

葬儀・家族葬の納棺

葬儀・家族葬の納棺について

葬儀・家族葬の納棺は、湯灌などの遺体処置、着替えなど納棺は一連の作業として行われます。納棺は入棺とも言いますが、遺族や親しい人に手伝ってもらって行います。


指輪や装身具は、後から紛失などの問題が生じないよう、遺族立会いの下で外します。指輪は石鹸水をつけると外しやすくなります。


副葬品については、
1. 燃えないもの
. 爆発のおそれのあるもの
3. 遺骨を傷つけるおそれのあるもの
4. 遺骨を着色するおそれのあるもの
 は避けるようにします。

具体的にはペースメーカー、ガスライターなど爆発のおそれのあるものは厳禁です。


酒の瓶ガラス類、ゴルフクラブなどの金属品、分厚い書籍も燃えにくいですので、なるべく控えて広げて入れます。 などがございます。


お酒ならパックになったもの、ビールなら出棺時にお口に含ませるなり、お体にかけていただきます。


葬儀・家族葬のことなら何なりとご相談ください。


    

大阪・奈良・京都の葬儀対応エリア

【大阪府・奈良県・京都府】 関西エリア: 大阪市、東大阪市、大東市、四條畷市、門真市、守口市、
吹田市、摂津市、寝屋川市、池田市八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、
羽曳野市、堺市、奈良市、生駒市、大和郡山市、天理市、香芝市平群町、
三郷町、斑鳩町、王寺町、河合町、上牧町、精華町、木津川市、 他