お葬儀のお手伝いをしている関西葬祭センターの葬儀・家族葬の枕飾り

サイトマップ
事業概要 お問い合わせ

大阪まごころの葬儀ブログ

葬儀・家族葬の枕飾り

葬儀・家族葬の枕飾りについて


枕飾りとはご遺体の枕元に、白木の台を用いてお飾りします。一般的に三具足を備えます。


香炉を中央に右側に燭台、左側に花立てを配します。
その土地の代々の風習もありますので、それに従っていただきますように。


浄土真宗では本来、線香は立てないで適当な長さに折、横に寝かせるのが正式です。
お供えも浄水、枕団子、枕飯などがありますが、浄土真宗では供え物は不要とされます。
またご遺体の上に置く、守り刀も不要となります。


また神棚には四十九日の間、半紙を貼る習慣があります。
これは神道が穢れを避けることから、死穢が神棚におよばないようにとのことで、行います。この作業も本来は、家の人ではなく他人に頼んでしてもらうとされています。


葬儀・家族葬のことなら何なりとご相談ください。


 

日時:2012年5月19日 10:50

大阪・奈良・京都の葬儀対応エリア

【大阪府・奈良県・京都府】 関西エリア: 大阪市、東大阪市、大東市、四條畷市、門真市、守口市、
吹田市、摂津市、寝屋川市、池田市八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、
羽曳野市、堺市、奈良市、生駒市、大和郡山市、天理市、香芝市平群町、
三郷町、斑鳩町、王寺町、河合町、上牧町、精華町、木津川市、 他