お葬儀のお手伝いをしている関西葬祭センターの葬儀のための花を贈るタイミング

サイトマップ
事業概要 お問い合わせ

大阪まごころの葬儀ブログ

葬儀のための花を贈るタイミング

お葬式に参列する際には、多くの方は、香典を持っていかれると思います。
その一方で、香典ではなく、故人の好みの花をご霊前に供えられる方もいらっしゃいます。


また、亡くなられた方と親密な関係であったにも関わらず、諸事情によりお葬式に出席できない場合に、弔電と一緒に供花を贈る方も多いようです。


供花は、しきたりとして基本的に香典と同じ意味合いを持ちますが、贈るタイミングに少し気を遣う必要があります。


香典の場合は、お葬式の当日に持参をしてもマナー違反ではありません。
しかし、供花の場合は、お葬式の前日、もしくは、お葬式が始まる1時間から2時間前までに葬儀場に贈るのがマナーと言えます。


供花には、亡くなられた方の霊を慰め鎮める意味と、祭壇や終焉の儀式の場である葬儀場をキレイに飾る目的があります。


したがって、贈ったモノが飾られなければ、何の意味もないことになってしまします。
ちゃんと飾るためには、祭壇や葬儀場に飾るためのスペースの確保が必要です。
そのため、香典と同じ意味合いを持っていても、早めに贈る必要があるのです。


贈るタイミングが難しいと感じる方は、遺族と連絡をとり、贈り方を確認したうえで指定の葬儀社などで手配するのが良いでしょう。
指定の葬儀社を利用することによって、飾り方に統一感が出るので、見た目が良くなるというメリットもあります。


また、地域の習慣や宗派によっても違いがあるので、ご自身で手配するよりも失敗が少ないと思われるので安心です。


葬儀・家族葬のことなら何なりとご相談ください。

日時:2012年9月26日 10:00

大阪・奈良・京都の葬儀対応エリア

【大阪府・奈良県・京都府】 関西エリア: 大阪市、東大阪市、大東市、四條畷市、門真市、守口市、
吹田市、摂津市、寝屋川市、池田市八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、
羽曳野市、堺市、奈良市、生駒市、大和郡山市、天理市、香芝市平群町、
三郷町、斑鳩町、王寺町、河合町、上牧町、精華町、木津川市、 他