お葬儀のお手伝いをしている関西葬祭センターの葬儀 供花

サイトマップ
事業概要 お問い合わせ

大阪まごころの葬儀ブログ

葬儀 供花

葬儀の供花について。
葬儀の供花ですが、これは葬儀の際の祭壇の横に親族一同とか、孫一同とか親族様のお名前の札を書いてスタンドに入った生花のことを指します。
戦後、葬儀の中心が告別式になると、立派な祭壇を飾ることが故人を弔うことだという考え方が生まれ、祭壇の大型化が図られるようになりました。


大阪でも葬儀の祭壇もあらゆる祭壇が開発され、商品化したことも今日の祭壇隆盛の時を迎えた一因であります。また葬儀の祭壇が立派になるとともに、しだいに祭壇も豪勢になってきて、大阪でも葬儀のとき白木祭壇の両横に供花の大型版ともいえるお花でスロープをあしらえ、白菊などで形を作ったものなどが出てきました。スロープ祭壇というのですが以前では、まっすぐに縦横きちんと一列だったのが最近では白菊だけではなく洋花なども取り入れて、カラフルな色で波をこしらえたりしたりと、造形してお花をアレンジしたものがでてきています。


今では社葬の葬儀などでは、その祭壇の両横のお花のスロープが横に広いほど高級な祭壇というイメージになっています。現在、葬儀が個人化するとともに、祭壇は故人を顕彰するためのものと理解されるようになり、故人の愛用品を祭壇に飾ることや、故人の好きだったお花を取り入れたり、故人の人柄に合わせた生花だけで作った生花祭壇なども流行するところとなっています。一昔前はお柩は祭壇の後ろにあるのが一般的でしたが、葬儀中いつでもお柩のお顔をみられるようにと、この頃は祭壇の前にご安置するのが一般的となりました。

またそのお柩の前にも供花として、お柩の周りをお花でぐるりと一面に配した、棺前花などもでてきています。豪華な見栄えと供花という両面を兼ね備えたもので、浸透致しております。故人様をお花に囲まれて送ってあげるというその言葉通りの、葬儀の中心となってきております。
葬儀の供花にもいろいろとランクがあります。お花の量、高級なお花が入ったもの、またその入っている器にしても、普通のスタンドの器から、スタンドが竹製になって篭になったものとかがあります。


葬儀での供花はなくてはならないものです。葬儀も終え最期にお柩のおふたを開け、旅路の水代わりともいいます葬儀の供花。 その献上していただいた供花のお花を切って、家族・親族や友人を交え、お花をみずからの手で手向けて最期のお別れをしていただきます。 

日時:2012年10月 8日 10:00

大阪・奈良・京都の葬儀対応エリア

【大阪府・奈良県・京都府】 関西エリア: 大阪市、東大阪市、大東市、四條畷市、門真市、守口市、
吹田市、摂津市、寝屋川市、池田市八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、
羽曳野市、堺市、奈良市、生駒市、大和郡山市、天理市、香芝市平群町、
三郷町、斑鳩町、王寺町、河合町、上牧町、精華町、木津川市、 他