お葬儀のお手伝いをしている関西葬祭センターの大阪の葬儀 流れ

サイトマップ
事業概要 お問い合わせ

大阪まごころの葬儀ブログ

大阪の葬儀 流れ

大阪の葬儀の流れについて。


葬儀の流れを一般葬の葬式でご説明します。
まず病院でお亡くなりになり、寝台車の手配をしなくてはなりません。あらかじめ葬儀社に事前相談などをされていた場合は、その葬儀社に連絡を入れ、病院まで寝台車の要請をします。


病院などにより病院指定の寝台車の葬儀業社がいる場合もありますので、寝台車を要請される場合は注意が必要です。


そして自宅なり葬儀会館に着いて、ご遺体を北枕に寝かせます。安置してドライアイスの遺体処置をしてから枕飾りをします。そして葬儀の打ち合わせ見積もりをします。


葬儀の日時、葬儀祭壇、料理など葬儀のこまかな費用、そしてお寺様への連絡、などそして会社関係の方にも連絡をします。この時に病院で頂いた死亡診断書、三文判のはんこ、遺影のお写真になる原版なとを葬儀社に渡します。


そして式場の設営となり、納棺の準備をしなくてはいけません。お柩に入れてあげたい衣類や愛用の品などを用意しておきます。


そしてご納棺の時お柩の周りに着座してお納めします。この日は通夜の日となりますが、通夜、葬儀当日と受付に座っていただける方を、決めておかなければなりません。また服装も落ち度がないかの点検をしておきます。


大阪の葬儀の通夜の場合、立礼といってお見えになった方にお礼をする方が必要になります、どなたが立つか決めておかなければなりません。また喪主様なりが最期の挨拶をされる場合もありますが、別に葬儀社でもしてくれます。


そして葬儀葬式当日となり、焼香の順位にもれはないか、届いた弔電のふりがなつけとか、追加のお料理の確定、喪主様はここでも最後の挨拶をされる場合もあります。式も終わりお柩のふたを開ける最期のお別れの場となりました。献上していただいた供花を切って入れていただく、故人との最期のお別れとなります。


最近では大阪の火葬場ではお顔を見てのお別れは、できませんのでこの場が最期のお別れの場となります。そして出棺となりますが、男性の方6名ほどの方でお柩をお持ちいただき、喪主様はお位牌、どなたか女性の方はお写真をお持ちいただき、霊柩車へとご乗棺となります。


火葬場に着き、焼香をしていただきます。そしてまた先ほどの式場なり指定のお料理やさんで、仕上げのお膳をしていただきます、このお料理の前に喪主様は親族皆様に一言挨拶を言われます。


そしてお料理を召し上がっていただき、指定の時刻になるとお骨上げに出向いていただきます。そしてお骨上げを終えられてから、初七日の法要となりこれで葬儀の一連の流れが終わることになります。


葬儀・家族葬のことなら何なりとご相談ください。

日時:2012年10月10日 10:00

大阪・奈良・京都の葬儀対応エリア

【大阪府・奈良県・京都府】 関西エリア: 大阪市、東大阪市、大東市、四條畷市、門真市、守口市、
吹田市、摂津市、寝屋川市、池田市八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、
羽曳野市、堺市、奈良市、生駒市、大和郡山市、天理市、香芝市平群町、
三郷町、斑鳩町、王寺町、河合町、上牧町、精華町、木津川市、 他