お葬儀のお手伝いをしている関西葬祭センターの遺族の心の支えともなる葬儀屋の役目

サイトマップ
事業概要 お問い合わせ

大阪まごころの葬儀ブログ

遺族の心の支えともなる葬儀屋の役目

昔は、自宅で亡くなることが殆どでした。


そして、納棺・通夜から葬儀、その後の儀式の段取りを、残された家族を始め、親族、近所の方々の手によって行いました。


そのため、死を悼む人々が特別な心理状況であるや、故人に対し敬意を払うべきことを自然と身に着けることができました。


しかし、現代では、亡くなられる方のおよそ8割が、病院で息を引き取ります。
また、小規模になった家族構成や、人間関係の希薄さに伴い、自分達の手による通夜・葬儀が行われなくなってきました。


それに伴い、遺族がどのような心理状況で心のケアを必要しているのかを配慮してあげることが難しくなりつつあります。
しかし、悲しみを癒すための作業(グリーフワーク)は、必ず遺族にとって必要です。

悲しみのプロセスには、最初に起こるショック・麻痺状態があります。
大切な人の死が信じられないという心理状況から、頭がボーとしてしまい外部からの働きかけに対応できないなどの症状が出ます。


しかし、死という現実は、納棺・通夜・葬儀などの儀式を経ながら時間をかけて受け入れていくものです。
悲しみの中でも、この一連の儀式における打ち合わせを、葬儀屋と行うことは、非常に重要なグリーフワークとなります。


人は、失意の中で、儀式の打ち合わせなど重要なことを行うと、心のコントロールの回復が早まると言われています。


加えて、葬儀屋のスタッフは、職業柄、死に直面することが多いため、ご遺族が安心した気持ちでいられるように、心を汲むことが可能です。


葬儀屋は、単に終焉の儀式のお手伝いをするだけではなく、ご遺族の心の支えとなるべき役目も担っていると言えます。

日時:2012年10月13日 10:00

大阪・奈良・京都の葬儀対応エリア

【大阪府・奈良県・京都府】 関西エリア: 大阪市、東大阪市、大東市、四條畷市、門真市、守口市、
吹田市、摂津市、寝屋川市、池田市八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、
羽曳野市、堺市、奈良市、生駒市、大和郡山市、天理市、香芝市平群町、
三郷町、斑鳩町、王寺町、河合町、上牧町、精華町、木津川市、 他