お葬儀のお手伝いをしている関西葬祭センターの葬儀 出席

サイトマップ
事業概要 お問い合わせ

大阪まごころの葬儀ブログ

葬儀 出席

葬儀に出席する場合のマナーについて。
特に親しい人の場合だと、知らせを受けたら、すぐにかけつけ、弔問するとともに、役にたつことなら積極的に手助けをしてあげなければなりません。


勤務先の上司や同僚など、喪主が親しい場合はなおさらで、向こうも頼みやすいので感謝されます。


時刻は夜の十時ぐらいまでなら、夜中でもとんでいくほうが良く、お線香をあげて拝み、お悔みを述べてすぐ帰り、本格的な手伝いは翌日、早く行くことにします。
故人とは親しかったが、喪主とはあまり親しくない場合は、直ぐに行って遺体を排してすぐ帰り、あとは葬儀告別式に参列するという方法もあります。


一般的に親しい場合は、告別式に参列するだけが普通ですが、それでは物足りなく感じる親しさの人は、通夜にも行きます。


もちろん地方によっては、誰も彼も通夜に行く風習のところもありますから、それはそれにしたがったほうがよいのです。
近所の人の場合、一般的な形は玄関

や軒先まで行ってお悔みを述べてすぐに帰り、葬儀告別式に参列するのですが、平素の交際によっては出棺の見送りをするだけということもできます。


服装は、すぐに弔問する場合は、普段のままがただしいのですが、赤や黄色などの派手なシャツなどを着ていれば取り替えなければなりませんし手足がむきだしになっている服も、長めのものにする必要があります。


手伝いをする場合には、それにふさわしい服装でなくてはならず、じょせいならエプロン、ソックス、手ぬぐい、などを準備し、男性は走り使いができるように自転車、自動車に乗って出かけ、立て替える場合に備えて、ある程度のお金を準備しておきます。

日時:2012年11月 9日 10:00

大阪・奈良・京都の葬儀対応エリア

【大阪府・奈良県・京都府】 関西エリア: 大阪市、東大阪市、大東市、四條畷市、門真市、守口市、
吹田市、摂津市、寝屋川市、池田市八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、
羽曳野市、堺市、奈良市、生駒市、大和郡山市、天理市、香芝市平群町、
三郷町、斑鳩町、王寺町、河合町、上牧町、精華町、木津川市、 他