お葬儀のお手伝いをしている関西葬祭センターの葬儀 喪主

サイトマップ
事業概要 お問い合わせ

大阪まごころの葬儀ブログ

葬儀 喪主

葬儀の喪主について。
葬儀には喪主が必要です。それではどなたが、なればいいのか。
特にきまりはありません。長男さんなどが成人されていれば、喪主はできます。


ご主人がお亡くなりになったとき、奥様か長男様かは、お年の加減などもあり決めていただきます。


喪主といえば、その葬儀の代表者です。 なにかにつけて、決断をしなくてはいけないという立場となります。
祭壇規模を決める、葬儀への指揮をとる、挨拶をするなどの役目がございます。


とは言っても、別にむつかしいものではありません。
ましてや、今はやりの家族葬では、なにもすることがありません。


ただ葬儀において、必要なポジションですので、どなたかは決めていただきます。
ただ単にお名前を拝借する程度です。

葬儀の祭壇は、親族寄って決めていただければ、いいことですし、葬儀の指揮をとるというのは、やはり葬儀社もどなたかを窓口に、お話を進めていきますので、その役目ですね。


あと挨拶がございます、たとえ喪主様でも葬儀社が代わりにするところもあれば、少しだけですが、挨拶しますと云われる方、或いは私がします、と云われる方などさまざまです。
それではここで参考に挨拶の要点を要約しておきます。

通夜・葬儀で挨拶をする場合は、参列して頂いた皆様に、参列していただいたことの感謝、故人が生前お世話になったことへの感謝をこころを込めて、表すことを心がけましょう。


しかし、大切な人を失った悲しみの中、挨拶することは容易ではありません。
したがって挨拶は、例文などを書いて、心をこめて挨拶しましょう。

日時:2012年11月29日 10:00

大阪・奈良・京都の葬儀対応エリア

【大阪府・奈良県・京都府】 関西エリア: 大阪市、東大阪市、大東市、四條畷市、門真市、守口市、
吹田市、摂津市、寝屋川市、池田市八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、
羽曳野市、堺市、奈良市、生駒市、大和郡山市、天理市、香芝市平群町、
三郷町、斑鳩町、王寺町、河合町、上牧町、精華町、木津川市、 他