お葬儀のお手伝いをしている関西葬祭センターの葬儀の案内状、送り方

サイトマップ
事業概要 お問い合わせ

大阪まごころの葬儀ブログ

葬儀の案内状、送り方

小さな葬儀ではなく、会社単位での大きな葬儀をおこなう場合などには、案内状を出す必要があります。
会社である程度の地位にあった方、政界を牛耳っていた方、地方での功労者などがこの例にあたります。


大きな葬儀を執り行う場合には、電話連絡などで伝えていくのは、とっても大変な場合が多いものです。


その場合、案内状を出すと、一度に多くの人に、今回のお葬式の詳細について伝えることが出来ます。


案内状を出すことによって、葬儀の流れをよりスムーズに進めることが出来るのです。
最近ではファックスやメールなど、通信技術が発展していることもあり、郵送で連絡することは、あまり無くなってきました。


このような郵送での手紙を出す場合には、葬祭の会社や印刷の会社にお願いをして、書式をつくってもらいます。
このような文体の手紙を慣れている会社が多いので、フォーマットに、喪主の名前や会場などを記入していくことで、きちんと整えられた手紙を簡単に製作していくことが出来ます。


それぞれの方の意向によって、書かれる内容もさまざまなので、遺族内で相談をして決めると良いでしょう。
亡くなった要因については、書かれる方と、書かれない場合に分かれます。
また参列する方も準備をされますので、キリスト教式なのか仏教式なのか、明記するのを忘れずにしておきましょう。


式場の名前と住所もあわせて、地図などを入れるなどして、参列する方への気配りを忘れないようにしましょう。

日時:2012年11月22日 10:00

大阪・奈良・京都の葬儀対応エリア

【大阪府・奈良県・京都府】 関西エリア: 大阪市、東大阪市、大東市、四條畷市、門真市、守口市、
吹田市、摂津市、寝屋川市、池田市八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、
羽曳野市、堺市、奈良市、生駒市、大和郡山市、天理市、香芝市平群町、
三郷町、斑鳩町、王寺町、河合町、上牧町、精華町、木津川市、 他