お葬儀のお手伝いをしている関西葬祭センターの葬儀のための休暇取得

サイトマップ
事業概要 お問い合わせ

大阪まごころの葬儀ブログ

葬儀のための休暇取得

葬儀のための休暇取得
会社に勤めているサラリーマンやOLの方にとって、葬儀の場合の休暇取得、悩むものですよね。


葬儀に出席するための休暇は、一般的に忌引きと呼ばれています。
法律で規制されているわけではなく、会社の規則としてそれぞれに定められているので、何日まで取得できるかは、一概に言えるものではありません。


葬儀が決まった時点で、直属の上司に相談をして、具体的な通夜や告別式の日取りなどを伝えておきましょう。


いま行っている仕事がある場合には、部下や同僚などに、上手に仕事の引継ぎをして、自分が休んでいる間でも、会社の仕事に支障が出ないように、やり取りをしておきます。
遠方のお葬式に参加する場合には、現地に向かうまでの時間も必要なので、余裕をもって式に参加できるように時間を調整しておきましょう。


また、会社を休んでいる間に、もしものときの連絡先を上司などに伝えておきましょう。
携帯電話や、会場の連絡先などを伝えておきます。
またこのように、お葬式に参列するため、結婚式に参加するための休みのことを、慶弔休暇と呼んでいる会社が多いようです。


慶休は1~3日程度取得できるところが多いようです。
ただその会社の福利厚生や社風によって、その日にちは変わってきますので、気になる方は総務課や上司に相談をしてみると良いでしょう。


遠方に帰省しなければならないときなど、慶休だけではまかなえない場合には、有給などを休みにプラスされる方が多いようです。

日時:2012年11月26日 10:00

大阪・奈良・京都の葬儀対応エリア

【大阪府・奈良県・京都府】 関西エリア: 大阪市、東大阪市、大東市、四條畷市、門真市、守口市、
吹田市、摂津市、寝屋川市、池田市八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、
羽曳野市、堺市、奈良市、生駒市、大和郡山市、天理市、香芝市平群町、
三郷町、斑鳩町、王寺町、河合町、上牧町、精華町、木津川市、 他