お葬儀のお手伝いをしている関西葬祭センターの葬儀のエンディングノート

サイトマップ
事業概要 お問い合わせ

大阪まごころの葬儀ブログ

葬儀のエンディングノート

葬儀のエンディングノートとは、
自分のときの葬儀はこのようにしてほしい、などとノートに書き遺しておくもの、すなわちエンディングノートであります。


同様のものに遺言がございます。
こちらは、自らの財産などを自らの死後どうするかについて生前定めておくことを言います。


遺言と似たものに遺書がありますが、法律的には大きな違いがあります。
遺書、エンディングノートも本人が書き残すもので、その内容は本人の遺志として尊重されるべきものでしょうが、法律的には効力をもちません。


これに対して遺言は、有効となる内容と形式が全て法律で定められているものです。


遺言として法的に有効なのは主として財産に関する事項ですが、その他、相続人を排除したり、未成年者である子の後見人を定めたりすることもできます。


葬儀はこのようにしてほしいなどの、エンディングノートは法律的には無効ですが、このような無効の内容が書かれてあっても遺言自体は無効になるわけではありません。
遺言できる人は、満15歳以上で、また夫婦など複数の者が同一内容の遺言を同一証書ですることはできません。


葬儀・家族葬のことなら何なりとご相談ください。
葬儀なら大阪の関西葬祭センター

日時:2013年2月 4日 10:49

大阪・奈良・京都の葬儀対応エリア

【大阪府・奈良県・京都府】 関西エリア: 大阪市、東大阪市、大東市、四條畷市、門真市、守口市、
吹田市、摂津市、寝屋川市、池田市八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、
羽曳野市、堺市、奈良市、生駒市、大和郡山市、天理市、香芝市平群町、
三郷町、斑鳩町、王寺町、河合町、上牧町、精華町、木津川市、 他