大阪で葬儀の実績が豊かな関西葬祭センターの情報を月別にまとめた2014年12月の記事

サイトマップ
事業概要 お問い合わせ

葬儀相談blog月別リスト

賢い葬儀・家族葬依頼法

賢い葬儀・家族葬依頼法
葬儀は急に必要なことが多いです。
そのようなときに多くの皆様は、どこへ依頼すればいいのだろうと途方に暮れると思います。


近くにも葬儀社はあるのは知ってはいるけれど、本当に大丈夫なのかしら、良心的なのかななどと思われている方も大勢おられることと思います。
確かにその通りだと思います。


葬儀社が近くても、遠くても関係はございません。
多くの皆様方は安心して葬儀を任せられるところを求められています。


葬儀費用が高いのではないだろうかとか、いろいろと請求されるのではないかなど、不安なものです。


そこで賢い葬儀・家族葬の依頼法というのは、最低限事前に見積もりをもらうことです。
事前に見積もりをもらっていると、不審な点なども見つかりますし、その通りの葬儀内容で行っていただくことができますので、安心して葬儀をしていただくことが出来ます。


時間をかけて、急がなくてもいいのです、良心的かどうかじっくりと見つめ直して慎重に選んでいただきたいと思います。


葬儀・家族葬のことなら何なりとご相談ください。


大阪市立鶴見斎場 - 事例19

本日のお式は大阪市の鶴見斎場の式場でございました。
もう1件は東大阪市の家族葬ホールでの葬儀となります。


鶴見斎場の葬儀は事前にご相談をいただいていたものでして、こちらも家族葬なのですが、本来は北斎場をご希望でしたがあいにく詰まっていましたので急遽鶴見斎場での葬儀となりました。
家族の方からもきれいなところでとても気に入りましたと悦んでいただきました。


もうひとつの東大阪の方の場合は、おひとり住まいのお父様がお亡くなりになりまして、娘さんがおひとりおられるのですが、とても離れていてアラスカにお住まいだと言われます。


急遽帰るにしても3、4日はかかるとのことで、やむなくそのお帰りをお待ちすることとなりました。
葬儀の打ち合わせなどは親族様が代わりにされましたが、帰られる日の予定がたたないので、こちらとしましても、どうしようもなく戸惑います。


ようやく日にちが決まり、その帰られた次の日がお通夜となり翌日が葬儀告別式ということで進行させていただきました。


遠く離れて暮らしているとこういうケースもあり、その道中の心中を思うとこちらとしましても辛いものがございます。

大阪市立北斎場(小式場) - 事例18

この葬儀は大阪市北斎場の小式場でございました、本来の家族葬です。
親族様合わせて4名様のご葬儀でした。
このご当家様は、以前この6月にも当方にて葬儀をさせていただきました方でして、その時は5名様でしたが、その時にお見えになっておられた方が今回お亡くなりになられました。


その時もこの北斎場小式場でしたが、今回お亡くなりになられてやや待ち日数がありましたので、
早い方が空いていれば別に中式場でも構わないと言われておりましたが、どちらも一緒の日でしたので小式場を抑えさせていただきました。


家族葬と言っても大方の方の場合は親族葬が多いのですが、本当の意味の家族葬です。
お寺様もお見えになり、お亡くなりの方は特別に過去に法名の院号も授かっておられまして、
しめやかにお送りさせていただきました。
このあと仕上げのお膳と初七日をされました。


この前までは一緒に言葉を交わせていただいていた方をお見送りするという、
なんともはかないものだなと思いました。

大阪・奈良・京都の葬儀対応エリア

【大阪府・奈良県・京都府】 関西エリア: 大阪市、東大阪市、大東市、四條畷市、門真市、守口市、
吹田市、摂津市、寝屋川市、池田市八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、
羽曳野市、堺市、奈良市、生駒市、大和郡山市、天理市、香芝市平群町、
三郷町、斑鳩町、王寺町、河合町、上牧町、精華町、木津川市、 他