お葬儀のお手伝いをしている関西葬祭センターの最近の霊柩自動車事情

サイトマップ
事業概要 お問い合わせ

大阪まごころの葬儀ブログ

最近の霊柩自動車事情

大阪での最近の霊柩車事情
霊柩車の種類は大きく分けて、宮型、洋型、寝台車型などがあります。
宮型というのは、自動車の屋根が宮型になっており、古くからあるお宮の屋根を模しています。


古来より霊柩車といえばこの宮型ということになります。
古くは霊柩車の前は輿といって車輪の上に柩を納める部分がありその上に屋根が宮型になっていて葬列を組んで進行するというものでした。
今でもこのような葬送風景が見られるところもあるかも知れません。


この頃ではこの宮型の霊柩自動車はとんと見かけなくなってきました。
それにとって代わって出てきたのが洋型というものです。
本来は外車などを指す洋型車ですが、国産の自動車であっても洋型と呼びます。
国産車・外国車の前の部分はそのままで、後ろの部分を改造してワゴンタイプにして霊柩車にしています。


この洋型にもいろいろと種類があります。
普通の柩分だけを納めるスペースの標準車、その柩分を長くして豪華な仕様にしたリムジン車などがございます。
葬儀葬式の大勢の方がお見送りをしていただく中を出棺する際などには適していると思います。


あと寝台車型というのがございます。
これは主に家族葬向け霊柩車といってもいいでしょう。
普通の国産車を使用しています。普通の国産自動車を使用することでその分家族葬費用が安く抑えることが出来ます。このところ需要が増えてきております。
もちろん家族葬でも他の洋型がいいと言われる方は、そちらをお選びいただくことも可能となります。

日時:2015年1月12日 12:21

大阪・奈良・京都の葬儀対応エリア

【大阪府・奈良県・京都府】 関西エリア: 大阪市、東大阪市、大東市、四條畷市、門真市、守口市、
吹田市、摂津市、寝屋川市、池田市八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、
羽曳野市、堺市、奈良市、生駒市、大和郡山市、天理市、香芝市平群町、
三郷町、斑鳩町、王寺町、河合町、上牧町、精華町、木津川市、 他